尿失禁・骨盤臓器脱などの女性骨盤底疾患を主な対象とした女性のためのサイトです。

ブログ

札幌芸術の森

先週末の札幌は10年ぶりの猛暑で最高気温35度Cという大阪と変わらない暑さの中、金曜日の手術は予定通り無事終了。土曜日は夕方までフリーで迷ったあげく、雨模様との予報ではあったが久しぶりに札幌芸術の森に行くことにした。

札幌芸術の森は札幌駅から南に約15km、 真駒内川沿いの丘陵に広がる40ヘクタールのアートの複合公園である。芸術の森美術館をはじめとして工芸館、ホール、野外ステージ、木工やガラス、陶器などの工房が点在している。

その中で私の一押しは野外美術館で、今回で3回目の訪問となる。森のあちこち、ある作品は散策路沿いに、ある作品は森の奥に、またある作品は小川沿いに、総数74点の彫刻が展示されている。受付で頼むとボランティアガイドの方に案内していただけるというので今回お願いしてみた。

天気予報はみごとにはずれ晴天、30度を超える熱暑のなか70歳は超えていると思われる女性のガイドさん、大丈夫だろうか? まず向かったのはイスラエルの作家 ダニ・カラヴァンの隠された庭への道、門、丘、日時計の広場、7つの泉、そして氷室を内蔵した円錐、まがりくねった水路を通って隠された庭に至る。人はほとんどいないので自然の中の作品に隠されている何かを探し求める求道者の気分になる。この空間はおすすめNo.1。

私の好きなグスタフ・ヴィーゲラン(ノルウェー)のいくつかの作品は25年間の契約で借りているという。緑の中で見るこれらのブロンズの質感はすばらしい。

子供達の一番人気は福田繁雄の「椅子になって休もう」という作品らしい、私も椅子になってみた。

最近のトピックスは砂澤ビッキの「四つの風」、これは高さ5mを超える木柱4本からなる巨大な木彫で樹齢700年の赤エゾマツを鑿でうがった作品で、近年腐食が進み倒壊が心配されていた作品で「風雪という名の鑿が作品を完成させる」と補修を望まなかった作者の意思を尊重して大掛かりな補修が行われなかった作品である。ついに4本の柱の一本が腐食のため倒壊したことが新聞にも大きく報じられた。

猛暑の炎天下、案内、丁寧に解説していただいたボランティアガイドのAさんに感謝して、野外美術館を後にした。

札幌を訪れる機会があれば是非訪ねてほしいスポットである。

文責 竹山

Posted by 2010/08/08

誕生日

こんばんは。加藤です。1日遅れの更新です。

一昨日は誕生日でした。夏休み中の誕生日とは悲しいもので子供の頃から学校での誕生会は9月の人たちと一緒、友達を家に呼んで誕生会というのもありませんでした。今まで誕生日に大勢の人から「おめでとう」といわれる経験もあまりなく年とともに特別なことをすることもなくなっていたのですが、今年は違いました。朝出勤するとスタッフ皆から「お誕生日おめでとうございます。」と挨拶されさらにケーキと花束まで準備してもらいました。突然のことに誕生日を何で知っていたのだろうとびっくりしたのと、皆に祝ってもらって本当に感激しました。夕食は妹と外食し誕生日を祝ってもらいました。その妹が「今日外に少し立っただけでも暑さでしんどかったのにこの暑い時期、クーラーもない時代に分娩するのは大変だったと思うよ。親に感謝しないと。」とポツリと言いました。確かにその通りだと思い、どんなんだったんだろうと考えさせられました。誕生日は親に感謝する日であるのかも知れませんね。

いろんな思いの中で1日は過ぎて行き翌日からまた通常の生活に戻りました。でも今年の誕生日はとても思い出深い、すばらしい誕生日になりました。

Posted by 2010/08/06

Walking? 徘徊?

こんにちは 女性にやさしい泌尿器科医(仮称)です。以前に夏バテの話をさせていただきましたが、夏バテにはやはり食べなければならないと思い一生懸命食べるようにしておりました。当然のことながら・・・太ります。それもかなり・・・ ということでお決まりのWalkingをすることにいたしました。

 一人ではさみしいので、夫婦で大阪の街中を歩き回っております。そこで思ったことは、「大阪は食べ物屋が多すぎる!」ということです。せっかくWalkingをしているのに、赤い提灯がぶら下がったおいしそうなビールや串カツを提供しているお店が次々に現れては誘惑してくれます。思わず冷たいビールをギュッと飲んでしまうところでした。冷たいビールを飲んで、歩けなくなってタクシーで帰る、これでは何のためのWalkingかわかりませんね。しかし、その欲求をどうにか我慢しながら歩くのですが、頭の中は「次の休みはここ(鱧)に食べに来よう、その次の休みはこれ(トマトラーメン)も食べたいな」といったことばかり、小料理屋からレストランにめがけて歩いて(徘徊?)おりますので、歩けば歩くほど太ってしまうのは私だけでしょうか?

 さて今週末は皆様お楽しみの淀川花火大会ですね。御近所さんの私も参加といきたいところですが、あいにくの所用で観ることができません、その訳は来週のお楽しみです。今度は誰も体調を崩すことなく美しい夜空の大輪を楽しんでいただけることを祈っております。ではまた来週~

Posted by 2010/08/04

こんにちは遠藤です。

月曜日は私のブログ担当日なのですが、今日は全くネタがありません(汗)

なので、思いのままに書いてみようかと思います。

いや~絶好調ですね~タイガース!

このまま優勝するんでしょうか?するといいですね。

私が好きな球団はもちろん阪神タイガースです。いつ頃から好きなのかは覚えていません。

とにかく好きになるように育ってきたのだと思います。

タイガースの21年ぶりの優勝は私が小4の時でした。

当時の担任の先生は熱狂的なタイガースファンで、授業を中断して日本シリーズTV中継を教室で観ていました。

今だったらPTAが何というかわかりませんが、当時私の父は「歴史的な事やから観ておけ」と言っていました。

優勝したその日は姉の誕生日でしたが、両親はすっかり忘れているようで、さっさと夕食を済ませ、

TVにかじりついて観ていました。

優勝のその瞬間母親は感極まり泣いていました。

そんな中で育った私はタイガースファンにならざるを得なかったし、他の道などありませんでした。

人生には自ら決めて進んだ道と、決めたはずではないけど自然とそうなっていた道とありますよね。

私は後者な事の方が多く、よくよく考えると何故こうなったんだろう?と思うことがよくあります。

しかし、責任感はある方なのか、とりあえず与えられた道はやり遂げようと頑張ってみたりもします。

今現在もそうなのかも知れません。

竹山先生との出会いも、クリニックの外来看護師としての仕事も、何かのめぐり合わせでこうなる様にできていたんだとしたら、スタッフの皆や先生方や患者様や多くの人に出会えた事に感謝をしつつ、明日もお仕事頑張ろうと思います♪

Posted by 2010/08/02

続・twitter

ツイッターが面白くなって来た。四月につぶやき(さえずり)始めたころには行動記録として日記代わりにツイートしながら、なんとか診療に活かせないものかと考えた。日本だけで1000万ものアカウントが発行されているという大きなソーシャルネットワーキングシステムを情報提供に使えないかと。

多くのツイッター本が出版されている。何冊か読んで見るが私が考えるような使い方に言及したものはない。誰もやらないところにはおいしい果実が成っているかもしれない。

twitter のつぶやきの拡散効果は絶大だとされている。バイラル効果(ウイルスのような拡散をするという意味)という、ネットを用いたほかのシステム(ブログ、ミクシィ、ホームページなど)が束になってもかなわない特性を持つ。

ただしフォロワー数が多いことが前提条件となる。どれくらいのフォロワーが必要なのかは実感するしかなかったが少なくとも100人や200人の段階では私のツイートに全く反応がなかった。ある本によると、フォロワーが2000人を超えないと発言に信憑性がないらしい。。

ツイッターの世界には情報の発信者と受信者がいるようだ。情報の発信者となり、受信者(情報を求めている人)の求める役立つ情報を発信することがフォロワーを増やす王道であるらしい。さらにいくつかの方法を用いると加速度的にフォロワーが増えることを実感している。

最近、女性泌尿器科に関する情報を毎日ツイートしている。提供されている情報の少ない骨盤臓器脱や尿失禁に関する医学情報とツイッターの相性がどうなのかはわからない。でも実は私は今この社会実験に夢中である。今、ツイッターが面白い。

最近のツイートから、

tetsufujiki それ本当ですか?すぐやってみたい。RT @miwa_design 愕然! QT @gh_sammy:排尿をがまんすると膀胱炎になると思っている人は多いが大きな間違いです。すこし我慢することを膀胱訓練といい膀胱容量をふやし頻尿の治療になるのです。2:49 PM Jul 30th Twittelatorから miwa_design宛

tamadenkm 脱腸治療ですか? QT @gh_sammy:骨盤臓器脱の治療:子宮や膀胱を骨盤内に保持しておく靭帯や筋肉などを修復することが根本的な治療になります。弱った組織を用いるとまた再発する可能性があります。最近ではメッシュを用いたTVM手術が優れた成績で注目されています。#iryou約14時間前 リツイートから

文責 竹山政美

Posted by 2010/08/01

冷え性

こんばんは。加藤です。今日は久しぶりの雨でしたね。梅雨の間はずっと雨で早くあがらないかと思っていましたが、最近晴れが続きで暑かったので、今日の雨は少しほっとしています。

話は変わりますが、私は暑がりです。汗もよくかき、暑い日などにいすに座ると汗でいすにしみが出来たりして恥ずかしい思いもよくします。家では素足でいるのが好きで冬でも素足で冷たい麦茶を飲むという生活でした。

そんな私ですが、以前漢方の勉強会で講師が受講生の診察をしてもらえるという機会があり、診てもらいました。すると冷え症だと診断されたのです。確かに足はずっと冷たかったですが、あまり気にしていませんでした。先生の診断では、血の流れが悪くなっているため末梢が冷えるということでした。まず、足、腹を冷やさない、甘いものをやめるよう勧められました。生活習慣を改めないと薬を飲んでも良くならないとのことでした。それからは注意して夏でもクーラーの中では靴下を履いたり、冷たい麦茶も少し電子レンジで温めて飲んでます。ただ甘いものはなかなかやめられませんね。今でも昔どおり食べています。やめないとどんどん悪くなるとはいわれたのですが。東洋医学の考え方はまず生活習慣の改善からです。クリニックを受診される方にも冷え症の方が多くいらっしゃいます。一度自分の生活習慣を見直してみたらいかがですか。何か改善の糸口が見つかるかもしれません。

Posted by 2010/07/29

偉い人の史跡めぐり2

こんにちは女性にやさしい泌尿器科医(仮称)です。先週も書きましたが暑いですね~、このブログでも毎日そのことが書かれておりますが、まだまだこの暑さは続くそうです。もうそろそろ秋でもいいくらいです。

 先週末は私も天神祭へいってきました。初めての経験でしたので、何がどうなっているのかわからないまま向かったのですが、とにかくすごい人で、都会の圧倒的なパワーを感じました。すこし早目に着こうと思い、花火が上がるポイント付近についた時間が18時でした。そのときは人だかりはできていましたが、まだ歩く余地は残っており、持参した敷物を敷いて、お祭りが始まるのを今か今かと楽しみに待っていました。それからわずか30分の間に来るわ来るわ恐ろしい数の人々が周囲に集まり、開始時間には立つこともできないくらいの群衆で、太陽も沈み涼しくなるかと思いきや人の熱気のために徐々に息苦しくなってきました。(その日は天神祭に100万人以上の観客が集まったそうです) これまで私のいた石川県の全人口がそれぐらいで、盛大な花火大会でも1/10ぐらいの規模しか経験したことのない私としては、たくさんの人間に囲まれることが苦手なため気持ち悪くなり、せっかく確保した場所をわずか15分ほどで手放すことになってしまいました。多分花火は5発ぐらいしか見てないです・・・覚えているのは日清のヒヨコの船とサントリーのビール船ぐらいです。 帰りの道中では、「来年はテレビで観よう!」と心に誓った天神祭でした。

 ほとんど得るもののなかった天神祭ですが、途中で面白い史跡を見つけたので報告します。これは以前ちょっと通りかかったときにも見た記憶があったのですが、うまく写真がとれなかったためにご紹介できませんでした。今回写真を撮ってきましたのでご紹介いたします。なんと自宅から徒歩5分のところに「福澤諭吉」の石碑があったのです!でも福澤諭吉といえば本当は偉い人なのですが、現代ではThe壱萬円札の石碑ですので、「どうかお金が貯まりますように」と手を合わせてしまうのは私だけではないはずです・・・

 暑くて家に閉じこもりがちですが、これからもがんばっていろんな史跡を巡り、皆様にご報告したいと思います。お楽しみに

Posted by 2010/07/28

夏休み

こんにちは。山口です。

暑い日が続いていますが、夏バテに気をつけたいですね。ただ、地下鉄の中は逆に冷房が効きすぎて、かなり寒いことがあり、気温の変化に体がついていけない感じです。

さて、子供達は夏休みに入りました。大阪にきて不思議に思うことがあります。患者さんからは、ラジオ体操をしている、健康体操をしているとよくお聞きするのですが、私が住んでいる地域では、朝、ラジオ体操をしている様子がありません。私達の夏休みといえば、毎朝6時におきて、ラジオ体操に通い、はんこを押してもらうことが宿題のひとつだったと思うのですが・・・ ラジオ体操の音もしないし、通っている風景もみかけません。最近の小学生はラジオ体操をしないのでしょうか??? (以前に住んでいた愛媛では、1週間限定でラジオ体操をしていました。それも微妙かなとは思っていたのですが) 夏休みの宿題も減っているようです。その代わりに、小さい頃から塾に通っている子供達も多いようです。広告を見ていると、”読書感想文の書き方”などいろいろなメニューがあり、結構面白そうです。

私達が子供のころとは、夏休みも様変わりしてしまったように感じます。

これからますます暑い日々が続くと思いますが、脱水などおこさないように気をつけてください。

Posted by 2010/07/28

天神祭り

こんにちは、看護師の遠藤です。

7月25日は北区医師会からの応援要請でクリニック院長の加藤医師と天神祭りの救護艇に乗船して来ました。

初めての経験のため、どんな状態での救護なのか検討もつかずドキドキの私は

集合場所へ行く前に、地元の福島天満宮で祈祷をする念の入れようで臨みました。

当日は35度を越える猛暑日で、短時間の外出でも背中から汗が流れる程だったため、

熱中症の患者が大勢出るのではと思い、昼過ぎからは念には念をとtwitterでも天神祭りに出かける方へ水分補給と暑さ対策をつぶやいていました。

しかし、救護中に患者が発生することはなく無事に終えることができてほっとしていたのですが、

帰ってきてから当クリニック医療クラークの女の子が奉納花火を観覧中に倒れ、救急搬送された事を聞き

身近な人への対策をつぶやき忘れていたと気づきました(汗)

彼女も朝からは元気に出勤してくれてほっとしました。

日本三大祭の一つである歴史ある天神祭りに少しだけですが、協力させていただき貴重な経験をすることができました。

これからもまだまだ暑い日が続くのでみなさん暑さ対策はしっかりと!大阪の夏は熱いです!!

Posted by 2010/07/26

女性泌尿器科と電話相談

骨盤臓器脱や尿もれなどの女性に特有の疾患は命に関わることはないけれど、様子を見ていても決して治ることはなく心に重苦しく居座り続ける病気です。しかしながら、これまで、治る病気であるという情報もなく、何科にかかれば良いかもわからず、一人で悩んでいる方が多かったと思われます。最近でこそテレビや新聞に新しい治療法なども紹介され、治る病気であるということを知る機会が増えててきましたが、患者さんにとってはまだまだ医療機関にかかる心理的なハードルは相当高いようです。

私の主催する「女性の排尿障害を考える会」と元患者の会である「ひまわり会」は2003年から定期的に無料電話相談キャンペーンを行って患者さんの相談に乗ってきました。

電話での相談は顔が見えないためか「心理的ハードル」が低くなり気軽に相談ができるようで、毎回非常に多くの相談が寄せられます。

ボランティアではありますが、間違った情報を伝えたり心ない言葉をかけたりすることがその患者さんの人生を変えてしまうこともあるので、対応する側も緊張でくたくたになることもあります。

しかしながら電話相談が受診と治療に結びつき、すっかり症状が良くなった患者さんから感謝の一言をいただけた時にまた電話相談をしようというモチベーションが湧いてきます。

ここで電話相談にはひとつ難しい問題があります。どうやって患者さんに電話相談があることをお知らせするかという問題です。 幸いいつも新聞記者の皆さんのご尽力で告知記事を書いていただき情報が患者さんに届いています。こうして毎回多くの相談が寄せられることになります。記者のみなさんに感謝です。

年に3−4回、全国規模で行ってきた電これまでの話相談キャンペーンだけでなく、今春から梅田ガーデンシティ女性クリニックでは第2、第4土曜日 9時30分から11時30分の間、専門医による無料電話相談を実施することにしました。

人知れず悩んでいる方、何科にかかっていいかわからない方、他の医療機関での治療に疑問をお持ちの方などお気軽にお電話ください。

7月ー8月の予定は7月24日、8月14日、8月28日です。

電話番号は 06−6343−1880 梅田ガーデンシティ女性クリニック、電話相談とお伝えください

文責 竹山

Posted by 2010/07/23

1 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59